うれしいお手紙☆


ソプラノの川野久美子さん、ピアノの吉本令子さんと、わいわいアンサンブルさせていただいたカリヨンへ、うれしいお手紙をいただきました☆

こんな風に感じていただけて本当にうれしく思います。
ビビモスさんとの演奏は、刺激的でした。
音楽の本来の姿というか、原点を感じました。貴重な機会をありがとうございます♪

カリヨンは、久美子さんのあたたかい歌声と、
心優しい令子さんの澄んだ清らかなピアノと、ズッコケな私ですが、
この3人で演奏させていただけたこと、ありがとうございました。

たくさん写真も撮っていただきました。

久美子さん。

令子さん。
 
いつも眠そうな顔で写っている私。  


ピアニカも吹いてくださって☆

私もピアノを弾いて☆

すばらしい思い出です。
ありがとうございました。

以前の記事です↓
https://rie88music.com/2017/12/07/post-1231/

カリヨンとは、「鐘」のことです。
紀元前1万年前頃にインドや中国で誕生し、世界中の民族に広がりました。
「カラーン、コローン。ゴーン。」
その音は昔から、不幸を追い払い、 幸せや平和を呼ぶ意味を持ち、幸福の象徴とされています。私たち一人ひとりの小さな幸せが、ステキな鐘の音と共にいつまでも、どこまでも鳴り響きますように・・・。