蕨野の棚田コンサート♪10月7日

10月7日は、蕨野の棚田のコンサートに出演させていただきました。

楽器到着です。
この特別な舞台は、毎年佐賀大学の農学部の学生さんと、地域の方、またご協力の企業の方によって手作りされています。

準備完了です。

トップバッターは、アカペラグループ「スコア」さん。

荒木あつ子さんのオカリナとケーナ。
笹山さんのギターと、田島愛子さんのピアノ。

最後は、ソプラノの和嶋静代さんと、私、ピアノの大川千瑞さんのアンサンブルの演奏でした。

写真は和嶋静代さんのフェイスブックの投稿から、お借りしています。
私が書くよりも、この歌の和嶋静代さんが書いていらっしゃる文章がすばらしくて・・・
ご紹介します。
ありがとうございました♪

「昨日は とても楽しみにしていた蕨野の棚田でのコンサートでした。
佐賀大学の五十嵐先生や学生さん達、そして地元の皆さん総出の手作りイベントが素晴らしくて、感心、感動の1日でした。
夕闇が迫る頃、棚田や小道を縁取るようにライトアップされ、昼間の棚田や山の姿が一変、幻想の世界が広がります。
秋ならではの虫の声が鳴り響く中、駐車場から会場までの山道を息を切らして歩いてこられたお客様方がホッとした笑顔でお席につかれました。
大学生のアカペラグループのオープニングコーラスに始まり、オカリナ、ケーナの荒木あつ子さんのグループの演奏と続きます。
山々に響くオカリナやケーナの音、オカリナは小鳥の声のように、ケーナは風の音のように響き渡っていました。ピアノとギターの音色は木々や花々の囁きです。本当に素敵で、ウットリと聴き入りました
そして最後は我々のグループ。ヴォーカルの私、そしてグランドハープの中村理恵さん、ピアノの大川千瑞さん。ホルストの「ジュピター(木星)」をアレンジした「マイカントリー」を最初の曲に選びました。故郷を愛する思いは皆同じです。が、災害に泣き、試練に苦しむ事もある。それでも我が故郷はいつも美しく穏やかである、
あってほしい。。そんな気持ちを込めて歌いました。
お友達や知り合いも沢山駆けつけて下さいました。大切な時間を費やして、汗を流しながら歩いて来て下さって、夜露に濡れながらニコニコと演奏を聴いて、また暗い道を歩いて帰って下さって。あ〜、もう有り難くて嬉しくて、なんて言ったら良いのかわかりません😭😃
コンサート終了後には、公民館で交流会がありました。楽しみにしていた棚田米のおにぎり!と思っていたら、おにぎりだけでなく、た〜〜くさんの手作りのご馳走が並んでいて驚喜しました😆💕 婦人会の皆様、すごいです❣️全て美味しくて、全種類食べたかったけど、おにぎりを2個も食べてしまった(美味しすぎて)ので、美味しそうなおはぎを頂けなかった事が心残りでした(^◇^;) 豚汁は、これまで食べた中でダントツ1位の美味しさでしたよ🌸 毎年行きたいです(笑)
関係者の皆様方、本当にありがとうございました🙇‍♀️」
(和嶋静代さんのフェイスブックの投稿より)