12月22日 創作神楽「ISORA 2018」予約開始されました。(入場料無料)

12月22日に九州大学大橋キャンパス多次元デザイン実験棟ホールで行われる、「海と神話をつなぐプロジェクト」の創作神楽「ISORA 2018」の予約が開始されました。

入場料は無料ですが、完全予約制とのことです。
100名様限定なので、どうぞお早めにご予約ください♪

私は海の街で生まれ育ったので、海の映像の中演奏できることが今から楽しみです。

冬至にうたう「阿知女作法」〜ISOLA2018〜

演目
神楽歌「阿知女作法」
神楽歌「千歳法」
「植物文様琴歌集〜藻塩、月読」
「植物文様ハープ曲集」
「笙・笛・琴・声」奏上 ほか

出演
石川高(歌/笙)
中村理恵(竪琴)
山中すなお(声)
渡辺融(土笛)
磯部久子、比屋根綾子(シンギング・ボール)

総合ディレクターのことば
冬至にうたう「阿知女作法」〜ISOLA2018〜

宮中の『御神楽』のなかで唱えられる《阿知女作法》。「アチメ、オウ オウ」と呪文のように繰り返されるこの神楽歌は、海のなかにいる阿度部磯良(あどめのいそら)という神を呼び出すために唱えられたと言われています。その磯良を呼び出す舞台となったのが志賀島の突端の勝馬。そして、磯良を呼び出すために、この地で七日七晩にわたって歌や踊りが続き、それが神楽の発祥だったとの説もあります。

今年8月から始まった「海と神話をつなぐ〜志賀島プロジェクト2018」。その最後を「冬至にうたう阿知女作法〜ISOLA2018〜」と題するシアター作品で締めくくります。公演日となる12月22日は、冬至にあたり、古代では、この日を1年の始まりとして、あるいは、生と死との境目として、特別な意味づけを与えていました。

志賀島・勝馬の沖津宮を起点として、冬至に昇ってくる日の出の方向にラインを延ばしてみると、ほぼ、その線上に箱崎宮や宇美八幡宮、竈門(かまど)神社など、いくつかの神社が並びます。まさに、冬至の日の出のなかに神々がつながるのです。

9月8日に志賀海神社にて「長月にうたう阿知女作法」という奉納演奏が執り行われました。その奉納演奏に引き続いて、本公演では、12月22日の冬至の日に多次元ホールにて、ふたたび「阿知女作法」を唱えることになりました。唱えるにあたり、多次元を志賀島に見立てる手立てが施されています。まず、葉脈のように絡み合う志賀島の等高線の地図がフロアに映し出され、そのうえに沖津宮近くの潮が干満する磯辺の映像が重ねられます。つまり、この舞台での演目は、潮の干満のプロセスのなかで展開するのです。

※入場料は無料です。
以下のPEATIXから申し込み(完全招待制)ができます。
https://isola-2018.peatix.com