猫と癒しの音色さがし

この画面は、簡易表示です

ホームページ再開作業をしています。

投稿日 by Rie

あるとき久しぶりに訪れてみるとほとんどぐちゃぐちゃに壊れてしまっていたのです。

いま、少しずつ再開のために作業しています。
どこから手をつけたらいいのかな?いつできるかな?

訪れてくださった方が、心地よいひと時を過ごしていただけるものになりますように♬

写真は、2019年12月の「冬至に歌う阿知女作法」の公演のときにいただいたものです。
2020年7月には、このコンサートの総合ディレクターであり作曲家の藤枝守さんのモノオペラの作品に出演する予定です。



音の浜辺でおひるねタイム♪

大宰府市観世音寺
安らぎのブースイベントの空間で、ハープ演奏しました。

いろんなところから、いい香り。そして、笑顔(^-^)

ポップも作ってみました。これはビフォー。


アフター。何か増えています。

お隣の空間だった、手作り雑貨のcololonさんが、ハープのふわふわを作って、プレゼントしてくださいました。うれしいです☆

これが、そのcololonさんの作品。精巧です~☆
私は、肉まんストラップを連れて帰りました。
生地から中身の餡がこぼれていて、おいしそうで目に毒なくらいすばらしい!

昨日からお天気は雨が降ったり、風が強くなったり、急に寒さが戻ったり。
そんな中、たくさんの方に足を運んでいただき、
会場内いろんなブースからあたたかく聴いていただき、
2歳半のお子さまからたくさんの方がハープ体験&撮影されて、
うれしい1日でした。

「先週、茅乃舎レストランで聴いて、今日は娘と孫を連れてきましたよ。」
という方もいらっしゃって、感激しました。

主催のHealing Salon Largoの松石恭子さん、いつもありがとうございます。

幸せなひとときを一緒に過ごしたたくさんの方々にも、
本当にありがとうございます♪



猫カフェでハープ。

こりゃニャンだ⁉️ニャンだこれ⁉️

猫が好きすぎて‥ 猫を好きな気持ちと、私のできることで何かできたらなぁ思い、 店主さんにご相談して、猫さんたちにハープの音を受け入れて もらえるかどうか?の確認に伺ってみました。

右側の素敵な笑顔の方が、 佐賀市の猫カフェcolon(コロン)の店主の内野香織さんです。 店内の猫はすべて、保護された猫たちです。 ご家族に迎えてくださる方を待ちながら、 やさしい猫ママの内野さんと幸せそうに穏やかに暮らしています。
上から下から、確認に来てくれたり。
遠くから、じーっと聴いてくれたり‥
新しいものが苦手な子は、ほふく前進してしまったり‥
店主の内野さん「慣れてきますよ(^^)」とのことで、ホッ✨

猫は、脳の25%を聴覚に使っていて、とても耳が敏感です。
低い音や大きな音は苦手。猫の専門家の方にご相談しながら、
少しずつ考えたいと思います。
まずは、猫さんたちのストレスにならないよう気をつけます♪

佐賀の猫カフェコロンの癒しブログ
佐賀県佐賀市中央本町7-8 豊博ビル2F
電話0952-37-8226
営業時間12:00~20:00
定休日月曜定休(臨時休業あり)

♪♪癒しの音色おたより配信
友だち追加
お目覚めのとき、家事のとき、読書のとき、おやすみの前に…
ちょっとだけ日々が美しく感じられるような曲をお届けします。
ときどきの不定期配信です。



4/7 癒しのイベントin大宰府観世音寺

音の浜辺でおひるねタイム♪…zzz

春爛漫の大宰府 観世音寺の近く
安らぎのイベント会場内で、ハープを演奏します。
4月7日(土)太宰府市観世音寺 公民館
①12時~ ②13時~ ③14時~ ④15時~(各20分)

美、いい香り、オーガニック、ハンドメイド、ボディワーク。
いろいろなヒーリングのブースがあるそうです。
なごみのひとときを過ごしていただけますように(^^)

公民館から徒歩5分の観世音寺を散策されるのもおススメです。


http://www.dazaifu.org/map/tanbo/tourismmap/4.html

イベントのページ バタフライ@大宰府観世音寺

4/7 土曜日 10時〜16時
https://www.facebook.com/events/1640025069377964/



お砂糖で作る海のアート 博多湾クルーズ マリエラ

船に入ってすぐのレセプションのところ。

2階のプライベートシートのところ。

1階のブュッフェのところ。

お食事の近くに置くから、お砂糖で作っているそうです。

海を眺めながら、おいしいお食事と、
生演奏が楽しめるマリエラのディナークルーズ。

これからの季節は、夕焼けがとっても美しいです。

https://www.mariera.jp/

 



旅するクーネル スリランカカレー in三瀬

土日祝日しか営業されていないので、なかなかお休みと重ならなくて行けなかったのですが、お昼で演奏が終わったのでピューっと行ってきました(^-^)

三瀬のベルボワーズ?という大きなパン屋さんの近くで移動販売されていますよ。

食べる漢方 心と体がホコホコになる幸せのカレー。

おいしかったです。

このスパイスも買って帰り、その夜、よなよなカレーを作りました。

 

お店の記事です↓
https://colocal.jp/topics/food-japan/beerspot/20161003_81561.html



RILL BAGEL 冷泉荘 福岡市博多区上川端町

先日、九州大学ソーシャルアートラボの博多織のイベントの帰り道に出会ったベーグル屋さんのベーグルに惚れております。

ずっしり、しっとり、もちもち。

食欲が止まらない〜お試しあれ~

RILL BAGEL(リル・ベーグル)
ベーグル&カフェ
中洲川端駅から徒歩5分
福岡市博多区上川端9-35冷泉荘A-11
TEL.092-263-1220
【営業時間】9:00~17:30
(売切れ次第閉店)
【定休日】火曜日
http://www.reizensou.com/tenant/a11/



不染鉄さんの言葉 日曜美術館 NHK

この番組は好きでときどき録画して見ています。

NHKの日曜美術館(^-^)不染鉄さんの世界。

テレビを写真で撮ったので、不鮮明ですが、

 

“正しい美しい心がからだ一パイになると

あふれてこぼれるようになると

いい美しい絵になります”

 

“芸術はすべて心である

芸術修行とは

心をみがく事である”

と言っていました。

とっても感動しました(^-^)



九州大学ソーシャルアートラボのみなさんと、藤枝守先生と。


「蚕繭糸織-サンケンシショク-」というイベントのパフォーマンスで、ゴシックハープを担当しました。
九州大学の藤枝守先生の「現代舞楽「織・曼荼羅〜博多織の機音による」という曲。
博多織の織機の音と、笙と音を重ねていきます。こんな経験、初めてです。蚕が作った繭から絹糸を引いて、その糸を織る、ということを表した空間。
織機の「ガタン、ゴトンゴトン」という音が、私には生き物の鼓動のようにも聴こえ、その音に笙が光をさしていました。

演奏は2階で、同時に1階では博多織に使う絹糸を、繭から引くパフォーマンスが行われました。


これが引いたばかりの絹糸。蚕さん、ありがとう。


終わってから、みなさんでパチリ。

会場の、「博多町家」ふるさと館・町家棟。お雛様と。
初めて行きましたが、いいところです。外国からの観光客の方も多いです。
博多駅、祇園駅からも歩いて行けるので、小春日和にちょっとブラブラお散歩。
近くに、櫛田神社もあります。休憩には、お蕎麦屋さんもあったようです。

笙の財津靖子さんと、渡辺融さん。
笙の音って、天に昇っていく龍みたいです。また、笙と笙が合わさると神聖すぎて、天に召されそうになります。ほんとです、聴いてみて~
香椎宮の雅楽保存会や、九州大学の芸工アヴァンギャルド・コンソートという団体で演奏されています。

パフォーマンスが終わってからも、糸引きは続いていました。

町家の前でまぶしい顔。

町家の中の博多織の織機です。織匠さんと、模様の地図。
ふるさと館では、博多織のパフォーマンスが行われています。

繭と絹糸のインスタレーション。(✳︎下に説明)
上の繭から糸が降りています。


中庭。

人力車。


ハープの影。オオカミか、ゴジラのようです。あと、くじら。

楽しそうに糸を引く若人。いいなぁ☆
たくさんの方にお世話になりました。
ありがとうございました♪

九州大学アートラボ
http://www.sal.design.kyushu-u.ac.jp/sankenshishoku.html

藤枝守先生の世界。(youtube↓)
https://youtu.be/UTwU1SX88tE
歌は、松石恭子さん(^_^)

恭子さん、すばらしいご縁をいただき、ありがとうございます♪

✳︎インスタレーション  とは、1970年代以降一般化した、絵画・彫刻・映像・写真などと並ぶ現代美術における表現手法・ジャンルの一つ。 ある特定の室内や屋外などにオブジェや装置を置いて、作家の意向に沿って空間を構成し変化・異化させ、場所や空間全体を作品として体験させる芸術。



茅乃舎 珈琲の達人 田中義一先生

茅乃舎は久山町にある自然食レストラン

そう。あのだしで有名な茅乃舎は、生演奏が聴けるレストランもしています。
私はハープ演奏の休憩時間に、こちらの茶舎というところで過ごしています。
今夜は「先生」と呼ばれるお客さまがいらっしゃっていて、コーヒーを淹れはじめられました。


何の先生の方ですか?とスタッフの方に聞いてみると、
「この茅乃舎のコーヒーの先生です(^^)」わー。

「今度は温度は○○°、豆は○○グラムで。そうそう。」
いつの間にか授業みたいになっていました(^^)

私もちょっとだけ味見をさせていただきましたが、同じ豆でも、温度によって味や香りがぜんっぜん違いました!!おいしいです~☆☆

田中義一先生と。現在は、主に土日にこの茶舎でコーヒーを淹れていらっしゃるそうです。

レストラン茅乃舎 茶舎 http://www.kayanoya.com/restaurants/restaurant/

近くに神社もあるので、春の散策に(^_^)

伊野天照皇大神宮
http://www.town.hisayama.fukuoka.jp/kanko/spots/detail/24



じゅうじゅうという音-やきにく玄風館

なんて幸せな音なんでしょう。

癒しの音色も好きですが、おいしい音もまた好きです♪

今夜は焼肉でした(^_^)

お肉が見えないくらいのネギたっぷり塩タン。

このタレがおいしいです。そして、牛に感謝m(_ _)m

福岡ソフトバンクホークスの松田宣浩選手がオススメされたこともあるお店だそうですよ。

福岡市東区 玄風園 http://www.genpukan.com/

 



マリンバとハープと、羽生結弦選手と。

先週は、地域の音楽会へ。

ソプラノの川野久美子さんと、ピアノの石川敦子さん。

マリンバを3人で。児島雅子さん、池田祐子さん、吉原敏郎さん。

ハープのソロも。
そして、デュオも。


マリンバの池田祐子さんとの演奏の動画です。
https://www.youtube.com/watch?v=6eJGaxFdcA0(動画)
マリンバのトレモロのゆらぎがとても美しいです。木のぬくもりのある音色。
羽生結弦選手が2つ目の金メダルを勝ちとった今回のオリンピック。
そのエキシビションで羽生選手がセレクトされていた曲が、
偶然このサン=サーンスの「白鳥」でした♪

もう一つ。羽生選手のお話し。
羽生選手のお名前は、「結弦」。結ぶ弦と書きます。
これは、射手座に生まれた羽生選手に、
’弓に結ぶ弦のように、ピーンと凛として生きてほしい’
という願いを込めてご両親がつけられたお名前だそうです。

弓を起源に持つ楽器、ハープと羽生選手とのご縁をみつけて、
うれしいです♪♪




top