中村理恵

Rie Nakamura

歴史的に最も古い楽器のひとつで、古代より、癒しの音楽、

「心の薬」としても用いられてきたハープ。

その豊かな倍音(波動とも言われる)と「天使の歌声」とも称される純粋な音色に魅せられ、

教会、緩和ケア病棟、棚田、水上、神社、能舞台など、様々な場所で演奏。

異なる分野のアーティストとのコラボレーションを展開しています。

ハープの癒しの音色とともに、ゆったりとしたひとときを共有することができたら幸いです。

長崎県佐世保市出身。福岡市在住。

活動実績

2021
福岡アジア美術館コンサート
「ガムランをともなうハープ協奏曲」(藤枝守)演奏

九州大学総合研究博物館
Listening Musicum  「博物館が聴く」
アースリズム・アンサンブル・オブ・フクオカと共演

森本能舞台(福岡市)
小泉八雲「怪談」よりモノオペラ オーケストラ舞台伴奏

2020
香椎宮(福岡市)
日本雅楽とインドネシア伝統楽器ガムランとの共演

2019

伊万里市民センター大ホール(佐賀県)
アクサ支援チャリティイベント「心のコンサート」

久留米市美術館
ミュージアムクリスマスコンサート

2018
志賀海神社(福岡市)
雅楽発祥の地にて日本古典楽器 笙との神楽歌 奉納演奏

九州大学大橋キャンパス多次元デザイン実験棟ホール
海と神話をつなぐプロジェクト舞台作品「冬至にうたう」出演

ほほえみの国バンコク(タイ)
保護動物救済チャリティーコンサート

定期演奏

2017年~2019年
福岡県久山町 自然食レストラン 茅乃舎
ディナータイム演奏

博多湾クルーズ船 マリエラ
ディナータイム演奏

オーストリア伝統菓子「サイラー」
サロンランチタイムコンサート