猫と癒しの音色さがし

この画面は、簡易表示です

いろんな楽器

4/7 癒しのイベントin大宰府観世音寺

音の浜辺でおひるねタイム♪…zzz

春爛漫の大宰府 観世音寺の近く
安らぎのイベント会場内で、ハープを演奏します。
4月7日(土)太宰府市観世音寺 公民館
①12時~ ②13時~ ③14時~ ④15時~(各20分)

美、いい香り、オーガニック、ハンドメイド、ボディワーク。
いろいろなヒーリングのブースがあるそうです。
なごみのひとときを過ごしていただけますように(^^)

公民館から徒歩5分の観世音寺を散策されるのもおススメです。


http://www.dazaifu.org/map/tanbo/tourismmap/4.html

イベントのページ バタフライ@大宰府観世音寺

4/7 土曜日 10時〜16時
https://www.facebook.com/events/1640025069377964/



九州大学ソーシャルアートラボのみなさんと、藤枝守先生と。


「蚕繭糸織-サンケンシショク-」というイベントのパフォーマンスで、ゴシックハープを担当しました。
九州大学の藤枝守先生の「現代舞楽「織・曼荼羅〜博多織の機音による」という曲。
博多織の織機の音と、笙と音を重ねていきます。こんな経験、初めてです。蚕が作った繭から絹糸を引いて、その糸を織る、ということを表した空間。
織機の「ガタン、ゴトンゴトン」という音が、私には生き物の鼓動のようにも聴こえ、その音に笙が光をさしていました。

演奏は2階で、同時に1階では博多織に使う絹糸を、繭から引くパフォーマンスが行われました。


これが引いたばかりの絹糸。蚕さん、ありがとう。


終わってから、みなさんでパチリ。

会場の、「博多町家」ふるさと館・町家棟。お雛様と。
初めて行きましたが、いいところです。外国からの観光客の方も多いです。
博多駅、祇園駅からも歩いて行けるので、小春日和にちょっとブラブラお散歩。
近くに、櫛田神社もあります。休憩には、お蕎麦屋さんもあったようです。

笙の財津靖子さんと、渡辺融さん。
笙の音って、天に昇っていく龍みたいです。また、笙と笙が合わさると神聖すぎて、天に召されそうになります。ほんとです、聴いてみて~
香椎宮の雅楽保存会や、九州大学の芸工アヴァンギャルド・コンソートという団体で演奏されています。

パフォーマンスが終わってからも、糸引きは続いていました。

町家の前でまぶしい顔。

町家の中の博多織の織機です。織匠さんと、模様の地図。
ふるさと館では、博多織のパフォーマンスが行われています。

繭と絹糸のインスタレーション。(✳︎下に説明)
上の繭から糸が降りています。


中庭。

人力車。


ハープの影。オオカミか、ゴジラのようです。あと、くじら。

楽しそうに糸を引く若人。いいなぁ☆
たくさんの方にお世話になりました。
ありがとうございました♪

九州大学アートラボ
http://www.sal.design.kyushu-u.ac.jp/sankenshishoku.html

藤枝守先生の世界。(youtube↓)
https://youtu.be/UTwU1SX88tE
歌は、松石恭子さん(^_^)

恭子さん、すばらしいご縁をいただき、ありがとうございます♪

✳︎インスタレーション  とは、1970年代以降一般化した、絵画・彫刻・映像・写真などと並ぶ現代美術における表現手法・ジャンルの一つ。 ある特定の室内や屋外などにオブジェや装置を置いて、作家の意向に沿って空間を構成し変化・異化させ、場所や空間全体を作品として体験させる芸術。



マリンバとハープと、羽生結弦選手と。

先週は、地域の音楽会へ。

ソプラノの川野久美子さんと、ピアノの石川敦子さん。

マリンバを3人で。児島雅子さん、池田祐子さん、吉原敏郎さん。

ハープのソロも。
そして、デュオも。


マリンバの池田祐子さんとの演奏の動画です。
https://www.youtube.com/watch?v=6eJGaxFdcA0(動画)
マリンバのトレモロのゆらぎがとても美しいです。木のぬくもりのある音色。
羽生結弦選手が2つ目の金メダルを勝ちとった今回のオリンピック。
そのエキシビションで羽生選手がセレクトされていた曲が、
偶然このサン=サーンスの「白鳥」でした♪

もう一つ。羽生選手のお話し。
羽生選手のお名前は、「結弦」。結ぶ弦と書きます。
これは、射手座に生まれた羽生選手に、
’弓に結ぶ弦のように、ピーンと凛として生きてほしい’
という願いを込めてご両親がつけられたお名前だそうです。

弓を起源に持つ楽器、ハープと羽生選手とのご縁をみつけて、
うれしいです♪♪



さくら ハープ&フルート【動画】at 帰去来

柳川市のカフェ帰去来にて、プチコンサートでした♪
春が待ち遠しいので、「さくらさくら」を選曲しました。リハーサルの動画です。
フルートのあっこちゃんとは、13年目。
いつも私を導いてくれるあっこちゃん☆ありがとう(^^)

ここのカフェ帰去来は、店主の野田由美子さんの手作りでからだにやさしいスープがとってもおいしいです。おにぎりとのセットもあって、うれしい☆お米もおいしいし、海苔も厚くてちょうどいい塩加減で大好きです☆

この日は、カレーにしました。お野菜とろとろのカレーとスープ。
どれも、ほんとにおいしいですよ~

ほかにもたくさんの手作りメニューがあります。甘いものも。
セットの飲み物に、チャイがあるのも、やったー!

今の柳川市内は、さげもんのお祭りがあっています。



お菓子の北原真耶さん、フルートの杉野明子さん、店主の野田由美子さんと。

演奏が終わった後の、質問タイム☆
たくさんのご質問ありがとうございました。
このあとは、パティシエの北原さんの手作り季節のスイーツの時間でした。

佐賀からは、早津江橋を通って、30分くらいです。ぜひ☆

CAFE帰去来(福岡県柳川市京町48)  
10時~19時 ラストオーダー18:30
駐車場は、お店のすぐ横にあります。
TEL:0944-72-2440


ゴシックハープとチェンバロ。

小郡市のチェンバロ奏者の村上千香さんのお宅にお邪魔しました。

私もちょこっと触らせてもらって。
かわいいくて、高貴な音がします。チロンチロン。
村上さんがバッハを弾いてくださって☆もっと聴いていたい音色です。
古楽器の音って、その音色だけでも別世界に誘われます。

上の鍵盤と下の鍵盤を同時に音をだしたりできるんです。
鍵盤の横にツマミがついていて、操作するそうです。

鍵盤の動きを弦に伝える・・・名前教えていただきましたが・・・
鍵盤を押すと、このスティックが上に上がって、スティックの先についている
細い爪が弦をはじく仕組みになっています。指が鍵盤から離れたら、スティックの爪の先についているフェルトが弦に降りてミュートがかかります。
だから音の切れ、はぎれがいいんですね。とても繊細です。

実はこの村上さんに本日、このゴシックハープをお譲りいただきました。
この楽器を製作された方のご紹介でお会いすることができました。
福岡県にお住まいなので、今後のメンテナンスも安心です。
ピタゴラス音律というのに調律して、弾いてみようと思います♪
どんな雰囲気の音がするのかな☆たのしみです。
いつか佐賀で古楽器のアンサンブルができたらいいなぁ。

たくさんの方に音色を聴いていただけますように(^^)
ありがとうございました。中村理恵



バルーンミュージアムコンサート

佐賀市のバルーンミュージアムコンサートで演奏しました。
バイオリンのオーケストラのみなさん。

私はソロと、バイオリニストで洋画家の森和幸さんとのデュオと。
森和幸さんは洋画家でもいらっしゃるので、オリジナルの「美術館」という曲をお願いしました。当日の朝になって、あ!絵を持ってきてもらえませんか?とご連絡したら、もうご自宅を出発された後で・・・今回はかないませんでした~気づくのが遅くて残念です。またいつかの楽しみにしたいと思います。

森和幸さんには私が大学生のころからお世話になっています。
その頃はピアノを弾いていました。
いつも見守っていただき、ありがとうございます♪

パンフレットにワンコのバイオリン弾き。戌年だからだそうです(^^)



ペルーの楽器屋さん


ここは、マチュピチュ村の露店です。
たぶんおみやげ物レベルの楽器だと思います。

笛がいっぱい。いろいろ聞いてみたい!でも店主さん不在~
こういうこと、多いです、この国。
いらっしゃっても、なかなか言葉はわからないのですが(^^)


あ、マチュピチュ村のレストランでは、生演奏があっていました。
これはアルパ。アルパを弾く人を、アルピスタというそう。

こちらは、サンポーニャと、歌とギター。

ペルー最終日に、リマ市内に楽器屋街というのがあると知り、行ってみました。

その一角は、ずっと楽器屋さん♪音楽する人にとってはパラダイス。
Plaza Dos de Mayoという広場の近く(東側)です。

アルパ屋さん。このお店に小さなリラがあって、お値段もお手頃だったので、とってもほしかったのですが、なんとクレジットカードが使えず。最終日だったので、現金も空港へのタクシー代くらいしか持っていなくて・・・断念(TT)

ほしい楽器たくさんあったけれど、買えなかった~
南米では、あまり治安が良くないこともあり、現金は最小限しか持っていませんでした。
でも、楽器屋街には、現金を持っていくことをおすすめします。
クレジットカードがあって、使えますと言われても、機械が受け付けなかったり。
(店員さんの機会の操作が間違っていることが多いです・・・)

楽譜屋さん。アルパの楽譜はやはりないそうです。

でもサンポーニャだけはどうしてもほしくて、クレジットカードの機械の使い方を会社にお問合せしてくださっているところ。その後このお店だけはクレジットカードが使えて、無事に購入できました。

それと、この2つのカシャカシャと川のせせらぎのような音のする楽器と、雨の音がするレインスティックをどうしても欲しくて・・・
事情を説明したら、このお店の店員さんが、さっきのカードが使えたお店まで出向いてくれて(結構遠くて、申し訳なかったです。)、やっとこさ購入させてもらいました。

時間もあまりなくって、もっといろいろ回りたかった楽器屋街。
これから行かれる方は、ぜひ現金を持っていかれてくださいね(^^)



うれしいお手紙☆


ソプラノの川野久美子さん、ピアノの吉本令子さんと、わいわいアンサンブルさせていただいたカリヨンへ、うれしいお手紙をいただきました☆

こんな風に感じていただけて本当にうれしく思います。
ビビモスさんとの演奏は、刺激的でした。
音楽の本来の姿というか、原点を感じました。貴重な機会をありがとうございます♪

カリヨンは、久美子さんのあたたかい歌声と、
心優しい令子さんの澄んだ清らかなピアノと、ズッコケな私ですが、
この3人で演奏させていただけたこと、ありがとうございました。

たくさん写真も撮っていただきました。

久美子さん。

令子さん。
 
いつも眠そうな顔で写っている私。  


ピアニカも吹いてくださって☆

私もピアノを弾いて☆

すばらしい思い出です。
ありがとうございました。

以前の記事です↓
https://rie88music.com/2017/12/07/post-1231/

カリヨンとは、「鐘」のことです。
紀元前1万年前頃にインドや中国で誕生し、世界中の民族に広がりました。
「カラーン、コローン。ゴーン。」
その音は昔から、不幸を追い払い、 幸せや平和を呼ぶ意味を持ち、幸福の象徴とされています。私たち一人ひとりの小さな幸せが、ステキな鐘の音と共にいつまでも、どこまでも鳴り響きますように・・・。



茅乃舎 with 岩永ゆりさん。

ときどきハープのソロ演奏をさせていただいている久山町のレストラン茅乃舎。
クリスマスのディナー演奏は、特別にデュオで演奏を♪ということで、
岩永ゆりさんにお願いして、クリスマスの曲をたくさん演奏いたしました(^^)

みなさんおしあわせそう。そしておいしそうな香りとあたたかい雰囲気の中で、
二人でしあわせに演奏しました。ありがたいです。↓ハープ到着の写真です。
いつの間にかゆりさんが撮ってくださっていました。
普段は、このグランドハープより小さめの36弦ハープで演奏しています。
いつもより楽器が大きいので、カバーなども本当に大きく重く、スタッフの方に置く場所を考えていただいたり、運ぶのを手伝っていただいたり、クリスマスの特別ディナーの準備で特にお忙しい中、たくさんお世話になりました。本当に助かります。ありがとうございました。

ゆりさん。本当にお美しい方です。いつも笑顔の輝くゆりさん♪ここは控室。
ゆりさんみたいにさわやかフェミニンショートヘアに挑戦してみたくなります。

演奏の後は楽器のお片付け、車への積み込み、自宅への移動、自宅への搬入。
茅乃舎からの帰り道はいつも動物と遭遇します。この日はタヌキと鹿の親子。
小さな楽器にあこがれながらヘトヘトになって帰宅したら、手作りチーズケーキの準備中でした。

25日の深夜、私にもクリスマスがきた~☆

 



ノルウェー協会の宴で、グリーグの曲を♪

 
ノルウェーの作曲家の曲を演奏していただけませんか?
と始めにお話しをいただいたときは、できるかなぁと不安だったのですが、
ノルウェー出身のグリーグの曲を、2曲、ソプラノの黒木あすかさんと
ピアノの吉本令子さんと一緒に演奏させていただきました。
 
「ソルベイグの歌」と、「君を愛す」という曲。
 「ソルベイグの歌」は、あすかさんがご自身でいろいろと調べてくださって、
 ノルウェー語で歌ってくださいました。
 ピアノの心やさしい令子さんは、私にもわかりやすいようにとかみくだいて、
「ここは馬が歩くように、ここは少し走るように」とイメージをくださって、
伴奏していてとても楽しい曲でした。
 チームで演奏すると、ひとりではできない発見があります。

「君を愛す」は、令子さんのピアノが波みたいに寄せたり引いたりして・・・
 それの波にふわっと乗って気持ちよさそうなあすかさんの歌声。一期一会の演奏。
 クラシック音楽って奥が深いです。
 
 ドレスの色は国旗の色にフォーメーション☆
 司会の鳥井智子さん。私が大学生のときから全然お変わりなくお美しいです。
 私も鳥井さんみたいに美しく女性らしくいれたらいいなぁと思います。
 
 たくさんの方にハープに触れていだたき、うれしいです☆
 
 
 宴の出し物のマジックにびっくり。
 
 
 
 
 私たちも演奏の後は宴にご招待いただき、とても楽しいひとときでした。
 宴の最後のプレゼント抽選で、一番目に当たってしまって・・・
 演奏者なのにごめんなさい☆でもおいしいワインもいただいて、幸せです。
 ありがとうございました♪ ハープ 中村理恵


宇宙を漂うコンサート♪

現代舞楽「織・曼荼羅~博多織の機音による」
というコンサートへお出かけしてきました。
いまお借りしているゴシックハープの音のCDで「植物文様を聴く」というCDがあって、とても好きなので、この作者の藤枝守さんの作られる音のコンサートにいつか行ってみたい!とずっと思っていました。

初めて見る楽器がたくさん。
このコンサートがどんなに素晴らしかったかということを、私は言葉に表現できなくて残念です。簡単に説明するとすると・・・博多織の織機の音と、伝統楽器、舞、映像のコラボレーションです。
こう書くことで、あの不思議な音楽を全然表現できてなくて悔しいです。
不思議な体験でした。コンサート中、私はずっと宇宙を身体を丸くして漂っているようでした。
世界にはこんな音楽があるんだなぁ。

藤枝守さんのコンサート、youtubeにあったので、ご紹介します。
https://www.youtube.com/watch?v=ymaSETOQ89Q
このyoutubeのコンサートで歌を歌っているのは、サウンドヒーリングの松石恭子さんです。
恭子さんの声のすばらしさがこんなにも発揮される音楽があるなんて・・・
恭子さんの声といままでご一緒させていただけたことに、本当に感謝です。
静かにほつほつと心にしみます。ずっと聴いていたい・・・



オカリナとケーナとギターと、ハープ。

唐津市でのカフェライブ。
オカリナ&ケーナ奏者の荒木あつ子さん主催のライヴにお誘いいただきました。

ギターの笹山さん。
笹山さんと荒木さんのケーナの音楽は、躍動的。
私のハープと荒木さんのオカリナの音楽は、ゆる~く。
どちらもあって、三人で演奏する曲もあって、それぞれのソロもあって。
いろんなジャンルの音楽を経験してきた三人の音が、感応していました。
荒木さんの音は、魂が入っています。近くで見ることができて、さらに感じました。
一つ一つの音に情熱を注いでいらっしゃいます。
ケーナの風の音。オカリナの土の音。荒木さんの音。
それを支える笹山さんのギター。


学び続けられているお二人の先輩の姿勢にも、感動しました。
またライブされる機会があると思いますので、ぜひおすすめしたいです♪



三重の響き。

サウンドヒーリング松石恭子さん主催のイベントでの演奏。
たくさんの方に松石恭子さんのクリスタルボイス&ボウルとハープとの演奏を聴いていただくことができました。恭子さんの声の響きとクリスタルボウルの響き、ハープの響きの三重の響き。
私自身がとても安らぐ音楽です。
  
お借りしているゴシックハープも1曲演奏しました。
12月なので、グレゴリア聖歌からマリアさまの曲を選びました。
 
  
ベーシストの男性。すぐにハープも演奏できそう。
音楽ってつながっていますよね。

はじめて、ハープの周りをデコレーションしてみました☆

ありがとうございました。



太宰府で、ゴシックハープを。

明日の土曜日は、大宰府♪
sound healing の 松石 恭子 さん主催のイベント会場内で、ときどきハープを演奏します。恭子さんのクリスタルボイス&ボウルとの共演も。

ゴシックハープという、ルネサンス時代に演奏されていた形のハープで、グレゴリオ聖歌のマリアさまの曲を少しだけご紹介する予定です♪♪

たくさんのブースが出展されます☆
演奏がない時間は私も、いい匂いのクリームを作ったり、
アロマスプレーを作ってもらったり、おいしいシフォンケーキを食べたり、プチヨガしたり、たくさんしたいです(^‐^)



カリヨン。歌とピアノとハープ。

障害があろうとなかろうと、同じステージに立って、音楽を一生懸命に楽しむという、ノーマライゼーションのコンサートに呼んでいただきました♪
とってもたのしかったな。終わってからの写真。

ノーマライゼーションのバンド、VIVIMOSさんのリハーサルを袖から。

こんな大きな垂れ幕を作っていただいて、びっくりです。

リハーサル中。れいこさんのすてきな一枚☆

控室にて、クッキーもおごちそうさまです。

ありがとうございました。

 

カリヨンとは、「鐘」のことです。
紀元前1万年前頃にインドや中国で誕生し、世界中の民族に広がりました。
「カラーン、コローン。ゴーン。」
その音は昔から、不幸を追い払い、 幸せや平和を呼ぶ意味を持ち、幸福の象徴とされています。私たち一人ひとりの小さな幸せが、ステキな鐘の音と共にいつまでも、どこまでも鳴り響きますように・・・。
そんな願いを込めて、日本の歌、そして世界の歌を演奏させていただきました。

ありがとうございました。




top