猫と癒しの音色さがし

この画面は、簡易表示です

たのしいこと

音の浜辺でおひるねタイム♪

大宰府市観世音寺
安らぎのブースイベントの空間で、ハープ演奏しました。

いろんなところから、いい香り。そして、笑顔(^-^)

ポップも作ってみました。これはビフォー。


アフター。何か増えています。

お隣の空間だった、手作り雑貨のcololonさんが、ハープのふわふわを作って、プレゼントしてくださいました。うれしいです☆

これが、そのcololonさんの作品。精巧です~☆
私は、肉まんストラップを連れて帰りました。
生地から中身の餡がこぼれていて、おいしそうで目に毒なくらいすばらしい!

昨日からお天気は雨が降ったり、風が強くなったり、急に寒さが戻ったり。
そんな中、たくさんの方に足を運んでいただき、
会場内いろんなブースからあたたかく聴いていただき、
2歳半のお子さまからたくさんの方がハープ体験&撮影されて、
うれしい1日でした。

「先週、茅乃舎レストランで聴いて、今日は娘と孫を連れてきましたよ。」
という方もいらっしゃって、感激しました。

主催のHealing Salon Largoの松石恭子さん、いつもありがとうございます。

幸せなひとときを一緒に過ごしたたくさんの方々にも、
本当にありがとうございます♪



猫カフェでハープ。

こりゃニャンだ⁉️ニャンだこれ⁉️

猫が好きすぎて‥ 猫を好きな気持ちと、私のできることで何かできたらなぁ思い、 店主さんにご相談して、猫さんたちにハープの音を受け入れて もらえるかどうか?の確認に伺ってみました。

右側の素敵な笑顔の方が、 佐賀市の猫カフェcolon(コロン)の店主の内野香織さんです。 店内の猫はすべて、保護された猫たちです。 ご家族に迎えてくださる方を待ちながら、 やさしい猫ママの内野さんと幸せそうに穏やかに暮らしています。
上から下から、確認に来てくれたり。
遠くから、じーっと聴いてくれたり‥
新しいものが苦手な子は、ほふく前進してしまったり‥
店主の内野さん「慣れてきますよ(^^)」とのことで、ホッ✨

猫は、脳の25%を聴覚に使っていて、とても耳が敏感です。
低い音や大きな音は苦手。猫の専門家の方にご相談しながら、
少しずつ考えたいと思います。
まずは、猫さんたちのストレスにならないよう気をつけます♪

佐賀の猫カフェコロンの癒しブログ
佐賀県佐賀市中央本町7-8 豊博ビル2F
電話0952-37-8226
営業時間12:00~20:00
定休日月曜定休(臨時休業あり)

♪♪癒しの音色おたより配信
友だち追加
お目覚めのとき、家事のとき、読書のとき、おやすみの前に…
ちょっとだけ日々が美しく感じられるような曲をお届けします。
ときどきの不定期配信です。



4/7 癒しのイベントin大宰府観世音寺

音の浜辺でおひるねタイム♪…zzz

春爛漫の大宰府 観世音寺の近く
安らぎのイベント会場内で、ハープを演奏します。
4月7日(土)太宰府市観世音寺 公民館
①12時~ ②13時~ ③14時~ ④15時~(各20分)

美、いい香り、オーガニック、ハンドメイド、ボディワーク。
いろいろなヒーリングのブースがあるそうです。
なごみのひとときを過ごしていただけますように(^^)

公民館から徒歩5分の観世音寺を散策されるのもおススメです。


http://www.dazaifu.org/map/tanbo/tourismmap/4.html

イベントのページ バタフライ@大宰府観世音寺

4/7 土曜日 10時〜16時
https://www.facebook.com/events/1640025069377964/



九州大学ソーシャルアートラボのみなさんと、藤枝守先生と。


「蚕繭糸織-サンケンシショク-」というイベントのパフォーマンスで、ゴシックハープを担当しました。
九州大学の藤枝守先生の「現代舞楽「織・曼荼羅〜博多織の機音による」という曲。
博多織の織機の音と、笙と音を重ねていきます。こんな経験、初めてです。蚕が作った繭から絹糸を引いて、その糸を織る、ということを表した空間。
織機の「ガタン、ゴトンゴトン」という音が、私には生き物の鼓動のようにも聴こえ、その音に笙が光をさしていました。

演奏は2階で、同時に1階では博多織に使う絹糸を、繭から引くパフォーマンスが行われました。


これが引いたばかりの絹糸。蚕さん、ありがとう。


終わってから、みなさんでパチリ。

会場の、「博多町家」ふるさと館・町家棟。お雛様と。
初めて行きましたが、いいところです。外国からの観光客の方も多いです。
博多駅、祇園駅からも歩いて行けるので、小春日和にちょっとブラブラお散歩。
近くに、櫛田神社もあります。休憩には、お蕎麦屋さんもあったようです。

笙の財津靖子さんと、渡辺融さん。
笙の音って、天に昇っていく龍みたいです。また、笙と笙が合わさると神聖すぎて、天に召されそうになります。ほんとです、聴いてみて~
香椎宮の雅楽保存会や、九州大学の芸工アヴァンギャルド・コンソートという団体で演奏されています。

パフォーマンスが終わってからも、糸引きは続いていました。

町家の前でまぶしい顔。

町家の中の博多織の織機です。織匠さんと、模様の地図。
ふるさと館では、博多織のパフォーマンスが行われています。

繭と絹糸のインスタレーション。(✳︎下に説明)
上の繭から糸が降りています。


中庭。

人力車。


ハープの影。オオカミか、ゴジラのようです。あと、くじら。

楽しそうに糸を引く若人。いいなぁ☆
たくさんの方にお世話になりました。
ありがとうございました♪

九州大学アートラボ
http://www.sal.design.kyushu-u.ac.jp/sankenshishoku.html

藤枝守先生の世界。(youtube↓)
https://youtu.be/UTwU1SX88tE
歌は、松石恭子さん(^_^)

恭子さん、すばらしいご縁をいただき、ありがとうございます♪

✳︎インスタレーション  とは、1970年代以降一般化した、絵画・彫刻・映像・写真などと並ぶ現代美術における表現手法・ジャンルの一つ。 ある特定の室内や屋外などにオブジェや装置を置いて、作家の意向に沿って空間を構成し変化・異化させ、場所や空間全体を作品として体験させる芸術。



じゅうじゅうという音-やきにく玄風館

なんて幸せな音なんでしょう。

癒しの音色も好きですが、おいしい音もまた好きです♪

今夜は焼肉でした(^_^)

お肉が見えないくらいのネギたっぷり塩タン。

このタレがおいしいです。そして、牛に感謝m(_ _)m

福岡ソフトバンクホークスの松田宣浩選手がオススメされたこともあるお店だそうですよ。

福岡市東区 玄風園 http://www.genpukan.com/

 



マリンバとハープと、羽生結弦選手と。

先週は、地域の音楽会へ。

ソプラノの川野久美子さんと、ピアノの石川敦子さん。

マリンバを3人で。児島雅子さん、池田祐子さん、吉原敏郎さん。

ハープのソロも。
そして、デュオも。


マリンバの池田祐子さんとの演奏の動画です。
https://www.youtube.com/watch?v=6eJGaxFdcA0(動画)
マリンバのトレモロのゆらぎがとても美しいです。木のぬくもりのある音色。
羽生結弦選手が2つ目の金メダルを勝ちとった今回のオリンピック。
そのエキシビションで羽生選手がセレクトされていた曲が、
偶然このサン=サーンスの「白鳥」でした♪

もう一つ。羽生選手のお話し。
羽生選手のお名前は、「結弦」。結ぶ弦と書きます。
これは、射手座に生まれた羽生選手に、
’弓に結ぶ弦のように、ピーンと凛として生きてほしい’
という願いを込めてご両親がつけられたお名前だそうです。

弓を起源に持つ楽器、ハープと羽生選手とのご縁をみつけて、
うれしいです♪♪



ねこファミリー。

福岡の手作り猫雑貨クルボルタルアルイルさんの猫に会いに、珈琲珀へ。

かわい~☆
本来は、タペストリーのワークショップの素材なので、販売はされていないそうですが、ご好意でゆずっていただきました。ありがとうございます。

ようこそ我が家へ。

それと、もう一つのワークショップに参加して、作りました。
麻のブローチ。ほんとはお花だったはずだけど、変形したので、羊ということに。
手作りってたのしいな。



さくら ハープ&フルート【動画】at 帰去来

柳川市のカフェ帰去来にて、プチコンサートでした♪
春が待ち遠しいので、「さくらさくら」を選曲しました。リハーサルの動画です。
フルートのあっこちゃんとは、13年目。
いつも私を導いてくれるあっこちゃん☆ありがとう(^^)

ここのカフェ帰去来は、店主の野田由美子さんの手作りでからだにやさしいスープがとってもおいしいです。おにぎりとのセットもあって、うれしい☆お米もおいしいし、海苔も厚くてちょうどいい塩加減で大好きです☆

この日は、カレーにしました。お野菜とろとろのカレーとスープ。
どれも、ほんとにおいしいですよ~

ほかにもたくさんの手作りメニューがあります。甘いものも。
セットの飲み物に、チャイがあるのも、やったー!

今の柳川市内は、さげもんのお祭りがあっています。



お菓子の北原真耶さん、フルートの杉野明子さん、店主の野田由美子さんと。

演奏が終わった後の、質問タイム☆
たくさんのご質問ありがとうございました。
このあとは、パティシエの北原さんの手作り季節のスイーツの時間でした。

佐賀からは、早津江橋を通って、30分くらいです。ぜひ☆

CAFE帰去来(福岡県柳川市京町48)  
10時~19時 ラストオーダー18:30
駐車場は、お店のすぐ横にあります。
TEL:0944-72-2440


ゴシックハープとチェンバロ。

小郡市のチェンバロ奏者の村上千香さんのお宅にお邪魔しました。

私もちょこっと触らせてもらって。
かわいいくて、高貴な音がします。チロンチロン。
村上さんがバッハを弾いてくださって☆もっと聴いていたい音色です。
古楽器の音って、その音色だけでも別世界に誘われます。

上の鍵盤と下の鍵盤を同時に音をだしたりできるんです。
鍵盤の横にツマミがついていて、操作するそうです。

鍵盤の動きを弦に伝える・・・名前教えていただきましたが・・・
鍵盤を押すと、このスティックが上に上がって、スティックの先についている
細い爪が弦をはじく仕組みになっています。指が鍵盤から離れたら、スティックの爪の先についているフェルトが弦に降りてミュートがかかります。
だから音の切れ、はぎれがいいんですね。とても繊細です。

実はこの村上さんに本日、このゴシックハープをお譲りいただきました。
この楽器を製作された方のご紹介でお会いすることができました。
福岡県にお住まいなので、今後のメンテナンスも安心です。
ピタゴラス音律というのに調律して、弾いてみようと思います♪
どんな雰囲気の音がするのかな☆たのしみです。
いつか佐賀で古楽器のアンサンブルができたらいいなぁ。

たくさんの方に音色を聴いていただけますように(^^)
ありがとうございました。中村理恵



バルーンミュージアムコンサート

佐賀市のバルーンミュージアムコンサートで演奏しました。
バイオリンのオーケストラのみなさん。

私はソロと、バイオリニストで洋画家の森和幸さんとのデュオと。
森和幸さんは洋画家でもいらっしゃるので、オリジナルの「美術館」という曲をお願いしました。当日の朝になって、あ!絵を持ってきてもらえませんか?とご連絡したら、もうご自宅を出発された後で・・・今回はかないませんでした~気づくのが遅くて残念です。またいつかの楽しみにしたいと思います。

森和幸さんには私が大学生のころからお世話になっています。
その頃はピアノを弾いていました。
いつも見守っていただき、ありがとうございます♪

パンフレットにワンコのバイオリン弾き。戌年だからだそうです(^^)



ペルーの楽器屋さん


ここは、マチュピチュ村の露店です。
たぶんおみやげ物レベルの楽器だと思います。

笛がいっぱい。いろいろ聞いてみたい!でも店主さん不在~
こういうこと、多いです、この国。
いらっしゃっても、なかなか言葉はわからないのですが(^^)


あ、マチュピチュ村のレストランでは、生演奏があっていました。
これはアルパ。アルパを弾く人を、アルピスタというそう。

こちらは、サンポーニャと、歌とギター。

ペルー最終日に、リマ市内に楽器屋街というのがあると知り、行ってみました。

その一角は、ずっと楽器屋さん♪音楽する人にとってはパラダイス。
Plaza Dos de Mayoという広場の近く(東側)です。

アルパ屋さん。このお店に小さなリラがあって、お値段もお手頃だったので、とってもほしかったのですが、なんとクレジットカードが使えず。最終日だったので、現金も空港へのタクシー代くらいしか持っていなくて・・・断念(TT)

ほしい楽器たくさんあったけれど、買えなかった~
南米では、あまり治安が良くないこともあり、現金は最小限しか持っていませんでした。
でも、楽器屋街には、現金を持っていくことをおすすめします。
クレジットカードがあって、使えますと言われても、機械が受け付けなかったり。
(店員さんの機会の操作が間違っていることが多いです・・・)

楽譜屋さん。アルパの楽譜はやはりないそうです。

でもサンポーニャだけはどうしてもほしくて、クレジットカードの機械の使い方を会社にお問合せしてくださっているところ。その後このお店だけはクレジットカードが使えて、無事に購入できました。

それと、この2つのカシャカシャと川のせせらぎのような音のする楽器と、雨の音がするレインスティックをどうしても欲しくて・・・
事情を説明したら、このお店の店員さんが、さっきのカードが使えたお店まで出向いてくれて(結構遠くて、申し訳なかったです。)、やっとこさ購入させてもらいました。

時間もあまりなくって、もっといろいろ回りたかった楽器屋街。
これから行かれる方は、ぜひ現金を持っていかれてくださいね(^^)



マチュピチュへ。


ペルーレイルはこんな際どいところを通ります。
日本ではありえないと思います~すぐそこが濁流の線路です。


のどかな風景も。けどずっと濁流のそば(^^;;

陽気なおじさま、マチュピチュは2度目だそうです。
この列車でマチュピチュ村に着いて・・・
そこからまたシャトルバスに乗って・・・山あり谷あり。くねくねと。
マチュピチュ、想像以上に遠く険しい道のりです。

できないことはない!と思って、ツアーなどには全く入らず、個人でチケット、鉄道などを手配しましたが、南米はなかなか難しいです。思わぬところで手間がかかったり、ネットではクレジット決済ができなかったり。

帰国して調べてみたら、相当旅慣れている人でも、南米は苦戦すると書いてあり‥私が苦戦したのは当然でした‥
でもなんとか着きました(^^)わ~☆

遠かったけれど、来れてよかったです。ありがとうございます♪
ラピュタとか、ナウシカとかの物語の世界でした。
山を下りたらまたネコが☆こんにちわ~

ん?


よしよし。本当にネコが好き!



ネコもいましたよ~ in ペルー


オリャンタイタンボ(長い)という駅で、やっとネコに出会いました。
すぐ逃げられちゃいましたけど。

舌がペロッ☆

すたこらさっさ。

かわいい!日本のネコと同じです(^^)逃げ足はやい。
行商の方多いです。
ここからペルーレイルという鉄道に乗って、マチュピチュ村へ。
この列車、指定席です。でもなんでこんなに並ぶかというと、時刻より早く出発したり、平気で遅れたり。列車、バス、飛行機。いつもヒヤヒヤでした。



ペルーも、犬天国。


もうすぐペルーのクスコという町に着きます。雲の間から、山が見えてる☆

街なところはわずかで、バスで走るとすぐにこういう風景になります。

ノラ犬というより、飼い犬か、地域犬なのかもしれなくて、みんなでかわいがっています。
幸せそうにしっぽ振って歩いています(^^)




top