12月22日に九州大学大橋キャンパス多次元デザイン実験棟ホールで行われる、「海と神話をつなぐプロジェクト」の創作神楽「ISORA 2018」の予約が開始されました。

入場料は無料ですが、完全予約制とのことです。
100名様限定なので、どうぞお早めにご予約ください♪

私は海の街で生まれ育ったので、海の映像の中演奏できることが今から楽しみです。

冬至にうたう「阿知女作法」〜ISOLA2018〜

演目
神楽歌「阿知女作法」
神楽歌「千歳法」
「植物文様琴歌集〜藻塩、月読」
「植物文様ハープ曲集」
「笙・笛・琴・声」奏上 ほか

出演
石川高(歌/笙)
中村理恵(竪琴)
山中すなお(声)
渡辺融(土笛)
磯部久子、比屋根綾子(シンギング・ボール)

総合ディレクターのことば
冬至にうたう「阿知女作法」〜ISOLA2018〜

宮中の『御神楽』のなかで唱えられる《阿知女作法》。「アチメ、オウ オウ」と呪文のように繰り返されるこの神楽歌は、海のなかにいる阿度部磯良(あどめのいそら)という神を呼び出すために唱えられたと言われています。その磯良を呼び出す舞台となったのが志賀島の突端の勝馬。そして、磯良を呼び出すために、この地で七日七晩にわたって歌や踊りが続き、それが神楽の発祥だったとの説もあります。

今年8月から始まった「海と神話をつなぐ〜志賀島プロジェクト2018」。その最後を「冬至にうたう阿知女作法〜ISOLA2018〜」と題するシアター作品で締めくくります。公演日となる12月22日は、冬至にあたり、古代では、この日を1年の始まりとして、あるいは、生と死との境目として、特別な意味づけを与えていました。

志賀島・勝馬の沖津宮を起点として、冬至に昇ってくる日の出の方向にラインを延ばしてみると、ほぼ、その線上に箱崎宮や宇美八幡宮、竈門(かまど)神社など、いくつかの神社が並びます。まさに、冬至の日の出のなかに神々がつながるのです。

9月8日に志賀海神社にて「長月にうたう阿知女作法」という奉納演奏が執り行われました。その奉納演奏に引き続いて、本公演では、12月22日の冬至の日に多次元ホールにて、ふたたび「阿知女作法」を唱えることになりました。唱えるにあたり、多次元を志賀島に見立てる手立てが施されています。まず、葉脈のように絡み合う志賀島の等高線の地図がフロアに映し出され、そのうえに沖津宮近くの潮が干満する磯辺の映像が重ねられます。つまり、この舞台での演目は、潮の干満のプロセスのなかで展開するのです。

※入場料は無料です。
以下のPEATIXから申し込み(完全招待制)ができます。
https://isola-2018.peatix.com

私自身が癒される音色を見つけて、ご紹介しています。
これまでは、ラインでの配信(癒しの音色おたよりのページから登録できます。)をしていましたが、今回からこちらのブログにも書いていきたいと思います。

今回は、永見行崇さんの透き通った美しいピアノのご紹介です。

↓このアドレスから、youtubeへ♪
https://www.youtube.com/watch?v=wxQFZD9e7Xo

この幻想的な響きに満ちた永見さんのピアノの音楽会が12月2日、https://www.youtube.com/watch?v=_tJzjofAJVc福岡市西区小戸のかわいいカフェで行われ、愛溢れるクリスタルボウルの山本香苗さんと、私のアイリッシュハープとの共演もあります。

12月は何かとあわただしくなる時期ですが、あたたかくてやわらかい音楽のひとときをゆっくりと過ごしていただけますように…

「ちょっと透明な柔らかい音楽会」

カフェ アリワ

12月2日18時開演 

福岡市西区小戸3-40-8 ☎092-882-8822

2000円(+1オーダー)

rie88music@gmail.comでもご予約承ります💛

家から歩いててくてく。

うらら亭に来ました。

手作りのごはんがとってもおいしくて、

元気になります。

サラダ。

スープ。

パスタかハンバーグ。

お花きれいです。

飲み物はゆず茶にしました。

かわいい店内。

ハーブガーデンを眺めながらのテラス席も。

以前、いいお天気だったので、

ベットマットを庭に干していたら、

突然の嵐が。

ずぶ濡れになりながら、一人でベットマットを取り込むのに苦戦しているとき、車で通りかかったここの店主さまとお子さまが、車から降りてきて、取り込むのを手伝ってくださいました。

おそらく雨が降り出したから、お子さまを小学校へお迎えに行かれた帰り道での遭遇。

一緒にずぶ濡れになってしまわれて、本当に申し訳なく思いました。

わざわざ車を停めて、お手伝いくださったこと、本当にありがとうございましたm(_ _)m

そんな優しい店主さんの手作りのごはん。

とってもおいしいです。

おススメです♡

奉納演奏の次の日、みなさんはこの海を渡っていく島にある沖津宮へ参拝されました。

私はみなさんとは一緒に行くことができなかったので、遅れて参拝しました。

地域コーディネーターの方のお導きで、干潮の時刻に合わせて海を歩いて渡りました。

だんだん満ちてくると、本土に戻れなくなるのでドキドキでした。

途中、ヒトデ。

ウニ。

豊かな海です✨

海の風を浴びて、心もすっきりしました。

ありがとうございました♪

無事に終えることができ、ほっとしています。

まずは、お祓いを受けて。

石川高さんの笙と、歌。

山中すなおさんの、まっすぐな声。

そして、渡辺融さんの土笛。

奉納演奏のあとの、玉串奉天。

奉納演奏の途中、社殿の中に、

急な風がくるくると吹き回りました。

総合コーディネーターで作曲家の藤枝守先生。

終わってから(^-^)

社殿の扉を開け放しての演奏で、

土笛の奏でる風の音と、虫の声と。

古代から伝えられる神さまを呼び出すふしぎな呪文のような言葉と。

こんな経験は今までにありませんでした。

ありがとうございました♪

演者のみなさんと。

すっきり。

緑の佇まい。

森の中でいただくコーヒー。

おごちそうさまでした✨

9月8日の志賀海神社での神楽歌の演奏の

練習でした。

宮中に伝わる「御神楽」の演目〈阿知女作法〉という神楽歌を演奏します。

歌は、東京から石川高さんと、福岡の山中すなおさん。

写真は、山中すなおさん。

ウィーンの留学から戻って来られたばかりだそうです。

山中すなおさんとはデュオで、

九州大学の藤枝守先生作曲の「月読二歌〜海原」も演奏させていただきます。

藤枝守先生と。

(藤枝先生のブログより抜粋↓)

「海と神話をつなぐ〜志賀島プロジェクト2018」が来週土曜日(8/25)から始まります。このプロジェクトでは、古代の海人である阿曇(あずみ)族のゆかりの博多湾・志賀島の深層に迫り、そして、志賀島を体験する場として「志賀島自由大学」を開講しますが、9月9日には、志賀海神社を代々に渡って継承してきた阿曇(平澤)憲子さんに登場していただき、さらに「阿知女作法」という「御神楽」の神楽歌を現代に伝える雅楽家の石川高さんにともにレクチャーを行います。その前日の9月8日には、志賀海神社にて「長月にうたう阿知女作法」と題する奉納演奏を夜7時から執り行います。
海の底にいる阿度部磯良(あどめのいそら)を呼び出す呪文のような「阿知女作法」を石川高さんが志賀海神社・本殿にて唱えますが、今回は、和琴の代わりにゴシックハープ(演奏:中村理恵)を伴奏とするあらたな演出も試みます。また、ウィーンから留学を終えた帰国したばかりのソプラノの山中すなおさんが神楽歌の「末歌」に挑戦します。
ぜひ、長月の夜のひととき、志賀海神社にて「阿知女作法」の奉納演奏にお立ち会いください。
=====
お問い合わせ:志賀島文化協会
080-4271-0861
shikanoshimabunkakyokai@gmail.com
入場料:
椅子席ー2000円(前売) 2500円(当日)
立ち見ー1000円(当日のみ販売)

18時から始まった時間。

お部屋から見える空がだんだんピンク色に染まっていきました。

美しいサンセットを眺めながらの、音楽のひととき。

終わってからのお部屋。

クリスタルボウル。

歌は、本田しのぶさん。

ピアノは、vana gierigさん。

クリスタルボウルは山本香苗さん。

美しい時間をありがとうございました(o^^o)

結婚式場で、ナイトミュージアムというのがあっていて、行ってみました。

お盆のご挨拶の帰りに。

ソチオリンピックのときのフリーとショートの衣装もありました。

とっても間近で見ることができます✨

博多阪急イベントページへ

8月21日まで、博多阪急であっています。

フラダンスのみなさんと✨

ときどきお友達の代わりに行かせていただいているクルーズでの演奏でした✨

夏は、フラダンスや、ウクレレ、ハワイアンバンド、サルサナイト、海から見る花火✨

楽しい企画がいっぱい♪

どれくらいの重さなんですか?

って船員さん(^-^)

夏らしいことしたくなりました〜

ありがとうございました😊

マリエラホームページ

吉野ケ里公園の近くから。

今日はいつもは車で1時間ちょっとで着く場所に行くのに6時間かかりました。

高速道路は通行止め、それによる一般道の大渋滞、

車は諦めて電車で行こうとしたら、運休〜

自然にはかないません。

穏やかなお天気が戻りますように。

被害がこれ以上大きくなりませんように。

嵐の後の夕焼けが海に映ってゆらゆら。

博多湾マリエラ クルーズの19時に出航するディナータイムには、毎夜生演奏が行われています。

いまの季節は、特に日が沈み始める時間に出航しますので、変わりゆく空の美しいグラデーションや、サンロードを楽しむことができます。

夏は暑くて大変だけど、大好きな季節です。

無事に猫カフェでの演奏も終えて、打ち上げに。
タイの夜景を求めて、
マリオネットホテルの最上階にあるバーへ。

エレベーターの中で。

このホテルのウエルカムケーキとドリンクだそうです。
いいなー★

着きました~!青の世界。ブルーモーメントです。

私はこの青の時間がとっても好きで、タイでもブルーモーメントが見れて
感激しました。

まいちゃん。

ホテルのロビー。

帰り道にて、のら猫。

ホテルに帰るつもりが、カフェに寄り道。

ずーっとしゃべっても、しゃべっても、まだ話したいことがある不思議。
3人でいると、笑いすぎて、顔が痛くなります。

最後に三3人で。いい旅ありがとうございます。またどこかに行こうね♪
そのときまで、それぞれの道でがんばりましょう♡

アユタヤからバンコクへ戻ってきました。
朝早起きしたので、まだお昼くらいです。

この神さまにお祈りすると、お金が貯まるそうです。
タイの人は歩いて過ぎるときにも、手を合わせていらっしゃっていました。

上の通路から見て。その通路でも手を合わせていらっしゃっています。

バンコク市内は緑がいっぱい。

日本風のコスプレの人に遭遇。

デパートのエントランスも植物があります。

タイは王国です。国王さまがいろんなところに飾ってあります。

こういう通路が張り巡らされていて、移動しやすいです。
突然のスコールがあるからかな?あと、日差しもすごく強いです。

おいしそう。

若者のイベント。日本みたいです。

タイにあるお米の品種が紹介されていました。色とりどりの細かったり丸かったりするお米たち。

日本の企業も。

路上ミュージシャンも多いです。通る人も結構小銭を入れてくれていました。
タイの方は、豊かな方も貧しい方も、自分の身の丈に合ったお布施をするという習慣があります。
これは、「タンブン」といって、仏教的な行為で、徳を積むために行うそうです。
「喜捨」とも言うそう。


それに、動物に優しい国だと思います。
野良猫、野良犬、みんなでごはんをあげてかわいがることが普通だそうです。

お店の通路で、子育て中☆

初めてみる楽器です。歌も民族チック。

露店も多く、試食もたくさんさせてもらいました。

スパイスと香草が豊富です。

手作りマグネット。ねこちゃんも。

かわいくてついいろいろ買ってしまいます。
歩き疲れて、ちょっとホテルに戻って、休憩。
のはずが、まいちゃんは私に頼まれて、次の日の猫カフェでのあいさつ文を
タイ語に訳してくれていることろです。
タイ語は、発音が難しい!英語の比じゃないです(笑)
カタカナの読み方、口の動きなどなど、ご教授いただきました。
「チャンツぃ―(ウの口の形で)リエナカムラ カぁ」と、名前を言うだけで、
口の動きが複雑で・・・果たしてこの発音で通じるのでしょうか???(TT)

そのあとは、また電車でウィークエンドマーケットにお出かけ。

このおじさんの手づくりのガラス細工がとってもかわいくて、
3人とも購入しました。みんな好みがそれぞれ★

ご飯を食べに行って、栄養補給。
たくさんしゃべって、笑って・・・しあわせです。

ごはん屋さんの椅子。

電車の中や、人込みでは、バックは前に。
日本より治安のいいところはない・・・日本はありがたいです。

蟹も。
タイのお料理は、少なくとも必ず4つの味の要素が入っているそうです。
甘い、辛い、酸っぱい、しょっぱい。

このデザート、マンゴーが、もち米があまくココナッツミルクで煮てあるもの。
タイの食べ物は本当になんでもおいしいです。これまた食べたいなぁ。

2日目の朝は、6時起きで、アユタヤ遺跡へ。
まいちゃんが案内してくれました。
現地の言葉がわかる方と一緒だと、とってもありがたいです。

なぜか、ドラえもんが祭られています。
タイでもドラえもんは人気があるそうです☆

蓮のつぼみを持って、お祈り。そのあとお供えします。

色がとってもきれい。

どこの国にも犬と猫が暮らしています。特に暑い国では、みんなこんな感じ。
でろ~ん。みーんな寝てる!
無駄な体力を使わないようにしているのかな?

ここにも。


右側の仏様は、首から上が強奪されてしまったそうです。


それと、タイといえば、ゾウ。
はなちゃんと乗りました。けっこうゆらゆら。

ゾウの耳の裏側は薄ピンクでした。


後ろのゾウさん。

トラ。おとなしくしているときは、おっきな猫。
どうやってしつけているのでしょう・・・

南国チックなお花。

小象さんと、水牛がいます。

タイの方はみなさんお寺にお祈りにいらっしゃっています。

仏さまにお供えする葉っぱの飾り。
おばあさんに「写真撮っていいですか?」と聞くと、カメラに向かってにっこりしてくださいました。素敵な笑顔★

風で稲がぴろぴろと揺れています。