先日、タイのバンコクの猫カフェで、

医療費チャリティの演奏をさせていただいたときのことを、

バンコク在住の日本人の方がブログに書いてくださっていました。

ありがとうございます(^-^)

「バンコクで暮らそう」

猫カフェで猫に癒される「mohumohu」

無事に猫カフェでの演奏も終えて、打ち上げに。
タイの夜景を求めて、
マリオネットホテルの最上階にあるバーへ。

エレベーターの中で。

このホテルのウエルカムケーキとドリンクだそうです。
いいなー★

着きました~!青の世界。ブルーモーメントです。

私はこの青の時間がとっても好きで、タイでもブルーモーメントが見れて
感激しました。

まいちゃん。

ホテルのロビー。

帰り道にて、のら猫。

ホテルに帰るつもりが、カフェに寄り道。

ずーっとしゃべっても、しゃべっても、まだ話したいことがある不思議。
3人でいると、笑いすぎて、顔が痛くなります。

最後に三3人で。いい旅ありがとうございます。またどこかに行こうね♪
そのときまで、それぞれの道でがんばりましょう♡

この日は朝起きて、ホテルで自己紹介などをタイ語でいう練習などなど
おはなちゃんがまだ寝ている間からごそごそと動いておりました。
さて、浴衣に着替えて・・・出発。
この日頼りのまいちゃんは、自身のタイ語の試験があるため、私は一人早めに電車で向かうことに~心細いけれど、仕方ないです。はなちゃんはホテルの近くでお土産ショッピング。
向かう途中、一人で路地を浴衣で歩いていると、
「ヘイ、ジャポン~☆」とか、「アーユーゲイシャ?☆」
とか、「一緒に写真撮ってー★」とか、道行く人にたくさん声を掛けてもらいました。
やっとこさたどり着いて、まずは猫ちゃんたちに楽器に慣れてもらうために、
ケースを開けると・・・

みんな興味津々で、寄ってきてくれました。
このお店の猫さん達は、結構度胸がある子が多くて、楽器の上を歩いたり(笑)

チューニング中も、「何しよっと?」という感じで、ずっと近くに猫がいてくれて。

猫がくつろいでいると、人も癒されるんですね。

演奏中。

終わってから。タイ在住のとっても美しいお姉さんと☆

タイにいらっしゃる日本人の方はみなさん美人な方が多いと感じます。
女優さんみたい!
他にもピアニストの方にもお声かけいただいて、とてもうれしいです。
もっと準備期間があれば、現地にお住まいの方とコラボもしたかったな♪

猫さんと。

試験が終わったまいちゃんも、クラスのお仲間と駆けつけてくれました。
みなさん本当にありがとうございます。
まいちゃんが書いてくれた、募金のご案内の色紙↓

おかげさまで、1回目は満席、2回目もほぼ満席の盛況をいただき、
募金もたくさんしていただいて、感謝いたします。
「オープンしてからこんなに多かったのは初めて」だそう。
よかったぁ(TT)またみなさんが足を運んでくださいますように。
そして、募金は2169バーツが集まって、すべて猫カフェさんにお渡しし、保護猫の医療費等に使っていただくことになりました。
2169バーツは、日本円でおよそ7422円です。(2018.6.14のレートで換算)
日本よりも物価が低いタイで、こんなにたくさんの募金をしていただいた背景には、タイのタンブンというお布施をする習慣が浸透していることもあるかもしれないなぁと思います。
たくさんのあたたかいお気持ちをいただき、ありがとうございました。

店長の寺岡さんと。

お会いできて、うれしいです。
英語で送ったメッセージに、日本語でお返事が来た時には、本当にびっくりしました。

後片付けとお着換えをしてパチリ。
まいちゃんがタイに留学してくれたことがきっかけで、今回タイでの活動が実現しました。勇気をくれたまいちゃんに感謝です。
突然のメッセージにお返事いただき、快く受け入れてくださったオーナーの寺岡さんにも、取材にきてくださったバンコク経済新聞の大貫さん、newsclipの齋藤さん、一緒に来てくださった佐藤さん、足を運んでくださったタイのみなさん、一緒に旅をしてくれたはなちゃん、佐賀の猫カフェコロンの内野香織さん、佐賀新聞の原田さん、旅に行かせてくれた家族、お仕事をお休みさせていただいたり、このほかにもいろんなたくさんの方々のおかげで実現しました。ありがとうございました。

アユタヤからバンコクへ戻ってきました。
朝早起きしたので、まだお昼くらいです。

この神さまにお祈りすると、お金が貯まるそうです。
タイの人は歩いて過ぎるときにも、手を合わせていらっしゃっていました。

上の通路から見て。その通路でも手を合わせていらっしゃっています。

バンコク市内は緑がいっぱい。

日本風のコスプレの人に遭遇。

デパートのエントランスも植物があります。

タイは王国です。国王さまがいろんなところに飾ってあります。

こういう通路が張り巡らされていて、移動しやすいです。
突然のスコールがあるからかな?あと、日差しもすごく強いです。

おいしそう。

若者のイベント。日本みたいです。

タイにあるお米の品種が紹介されていました。色とりどりの細かったり丸かったりするお米たち。

日本の企業も。

路上ミュージシャンも多いです。通る人も結構小銭を入れてくれていました。
タイの方は、豊かな方も貧しい方も、自分の身の丈に合ったお布施をするという習慣があります。
これは、「タンブン」といって、仏教的な行為で、徳を積むために行うそうです。
「喜捨」とも言うそう。


それに、動物に優しい国だと思います。
野良猫、野良犬、みんなでごはんをあげてかわいがることが普通だそうです。

お店の通路で、子育て中☆

初めてみる楽器です。歌も民族チック。

露店も多く、試食もたくさんさせてもらいました。

スパイスと香草が豊富です。

手作りマグネット。ねこちゃんも。

かわいくてついいろいろ買ってしまいます。
歩き疲れて、ちょっとホテルに戻って、休憩。
のはずが、まいちゃんは私に頼まれて、次の日の猫カフェでのあいさつ文を
タイ語に訳してくれていることろです。
タイ語は、発音が難しい!英語の比じゃないです(笑)
カタカナの読み方、口の動きなどなど、ご教授いただきました。
「チャンツぃ―(ウの口の形で)リエナカムラ カぁ」と、名前を言うだけで、
口の動きが複雑で・・・果たしてこの発音で通じるのでしょうか???(TT)

そのあとは、また電車でウィークエンドマーケットにお出かけ。

このおじさんの手づくりのガラス細工がとってもかわいくて、
3人とも購入しました。みんな好みがそれぞれ★

ご飯を食べに行って、栄養補給。
たくさんしゃべって、笑って・・・しあわせです。

ごはん屋さんの椅子。

電車の中や、人込みでは、バックは前に。
日本より治安のいいところはない・・・日本はありがたいです。

蟹も。
タイのお料理は、少なくとも必ず4つの味の要素が入っているそうです。
甘い、辛い、酸っぱい、しょっぱい。

このデザート、マンゴーが、もち米があまくココナッツミルクで煮てあるもの。
タイの食べ物は本当になんでもおいしいです。これまた食べたいなぁ。

2日目の朝は、6時起きで、アユタヤ遺跡へ。
まいちゃんが案内してくれました。
現地の言葉がわかる方と一緒だと、とってもありがたいです。

なぜか、ドラえもんが祭られています。
タイでもドラえもんは人気があるそうです☆

蓮のつぼみを持って、お祈り。そのあとお供えします。

色がとってもきれい。

どこの国にも犬と猫が暮らしています。特に暑い国では、みんなこんな感じ。
でろ~ん。みーんな寝てる!
無駄な体力を使わないようにしているのかな?

ここにも。


右側の仏様は、首から上が強奪されてしまったそうです。


それと、タイといえば、ゾウ。
はなちゃんと乗りました。けっこうゆらゆら。

ゾウの耳の裏側は薄ピンクでした。


後ろのゾウさん。

トラ。おとなしくしているときは、おっきな猫。
どうやってしつけているのでしょう・・・

南国チックなお花。

小象さんと、水牛がいます。

タイの方はみなさんお寺にお祈りにいらっしゃっています。

仏さまにお供えする葉っぱの飾り。
おばあさんに「写真撮っていいですか?」と聞くと、カメラに向かってにっこりしてくださいました。素敵な笑顔★

タイへは、福岡からも直行便がありますが、
一緒に行く友人が横浜からなのと、ちょっと飛行機が苦手だそうで、
私も成田空港から一緒に出国することにしました。
何かあったときも、二人いると安心です☆

航空会社のカウンター付近で、お坊さんたちに遭遇。
めっちゃたくさんいらっしゃる!
ちゃんと事前にタイの旅本を読んでいた友人が教えてくれたのですが、
タイのお坊さんが女の人に触れてしまうと、
それまで積み上げてきた「徳」がすべて消えてしまうそうです。
でも、おんなじ飛行機の中で・・・大丈夫?と心配に。

飛行機6時間、結構長いです。その間、何回か飛行機の中でお坊さんとすれ違ったりして、ヒヤヒヤしました。CAさんも気を付けておられるそうです。
でもほとんど寝ていました。無事に、バンコクに到着。
空港に、まいちゃんがお迎えに来てくれていて、ほッ。
タイと日本をつなぐお仕事がしたいまいちゃん。
そんなまいちゃんはタイ語の勉強で、チュラロンコン大学に留学中です。
がんばるまいちゃんに背中を押されて、私もタイの猫カフェに「猫カフェでハープ」チャリティ演奏のご相談のメッセージを送ることができました(^^)

タイのお料理、なんでもおいしかったです。

バンコク経済新聞の方が取材に来てくださいました。


 すばらしい記事にしてくださって、ありがとうございます。

成田に着きました。

タイのバンコクにある猫カフェ

モフモフカフェで演奏してきました。

さきほど無事に日本に戻ってきて、ほっとしています。

今回の旅も、たくさんの方々にお世話になりました。

ありがとうございました。

少しずつブログにも書きたいと思います(^-^)

来週伺う予定のタイのモフモフカフェの方がInstagramにこんな写真を載せてくださっていました。

写真の左側に、ハープ×猫+カフェ=(*´꒳`*)

こんな方程式があったなんて✨

それに、言葉では、タイ語と、日本語と英語と。

ありがとうございます(^-^)

モフモフカフェのInstagram

「姉さん、事件です。」
っていうセリフで始まるドラマが昔好きでした。
セリフを言うのは、高嶋政伸さん。

そんな感じのことが、今日起こりました~
同級生がタイで語学の勉強をしているので、6月8日からちょっとの間会いに行く予定があり、漠然とタイの猫カフェでも演奏できたらうれしいなぁと思い描いておりました。

もう5月も末になり、今朝からチャリティ演奏の主旨などを書いた紙面や、先日取材していただいた新聞記事を英語に訳したり。
パソコンにかじりついておりました。

やっとこさ、翻訳が終わって、タイの猫カフェさんにコンタクトしてみると、
1件のお返事が~。しかも日本語でいただき、びっくりして、
「やはり、相手の母国語で文面を書くのがマナーなんだなぁ」と思い、
グーグル翻訳さんに手伝ってもらい、片言のタイ語でお返事してみると、

「日本語で大丈夫ですよ、日本人ですよ」
とのお返事があり、とってもとってもびっくりのうれしい感動がありました。

ひとりで、「えーーーッ!」って声がでました。

それに、6月10日に受け入れていただけるとのこと、感激しています。

これから、当日お配りするパンフレットなど、
できる限り、タイ語に訳したり、もちろん演奏の練習を重ねたり、準備をしていきたいと思います。

この活動につながったのは、
第1回目の活動の始まりを応援してくださった猫カフェコロンの内野香織さん、
演奏を聴きに来てくださったみなさん、取材に足を運んでくださり、
すばらしい文章にしてくださった佐賀新聞の原田さん。
タイに留学しているまいちゃん、一緒に旅するはなちゃん。
あたたかく見守ってくださった方々のおかげです。

タイのみなさんや、猫さんにも安らいでいただけるよう、がんばってまいります。

ありがとうございます。

インターネットにあった
そのカフェのご紹介記事です。
https://warashibe76.com/how-is-cats-cafe-mohumohu-cafe-in-bangkok/

写真はこちらから拝借しました。


ここは、マチュピチュ村の露店です。
たぶんおみやげ物レベルの楽器だと思います。

笛がいっぱい。いろいろ聞いてみたい!でも店主さん不在~
こういうこと、多いです、この国。
いらっしゃっても、なかなか言葉はわからないのですが(^^)


あ、マチュピチュ村のレストランでは、生演奏があっていました。
これはアルパ。アルパを弾く人を、アルピスタというそう。

こちらは、サンポーニャと、歌とギター。

ペルー最終日に、リマ市内に楽器屋街というのがあると知り、行ってみました。

その一角は、ずっと楽器屋さん♪音楽する人にとってはパラダイス。
Plaza Dos de Mayoという広場の近く(東側)です。

アルパ屋さん。このお店に小さなリラがあって、お値段もお手頃だったので、とってもほしかったのですが、なんとクレジットカードが使えず。最終日だったので、現金も空港へのタクシー代くらいしか持っていなくて・・・断念(TT)

ほしい楽器たくさんあったけれど、買えなかった~
南米では、あまり治安が良くないこともあり、現金は最小限しか持っていませんでした。
でも、楽器屋街には、現金を持っていくことをおすすめします。
クレジットカードがあって、使えますと言われても、機械が受け付けなかったり。
(店員さんの機会の操作が間違っていることが多いです・・・)

楽譜屋さん。アルパの楽譜はやはりないそうです。

でもサンポーニャだけはどうしてもほしくて、クレジットカードの機械の使い方を会社にお問合せしてくださっているところ。その後このお店だけはクレジットカードが使えて、無事に購入できました。

それと、この2つのカシャカシャと川のせせらぎのような音のする楽器と、雨の音がするレインスティックをどうしても欲しくて・・・
事情を説明したら、このお店の店員さんが、さっきのカードが使えたお店まで出向いてくれて(結構遠くて、申し訳なかったです。)、やっとこさ購入させてもらいました。

時間もあまりなくって、もっといろいろ回りたかった楽器屋街。
これから行かれる方は、ぜひ現金を持っていかれてくださいね(^^)


ペルーレイルはこんな際どいところを通ります。
日本ではありえないと思います~すぐそこが濁流の線路です。


のどかな風景も。けどずっと濁流のそば(^^;;

陽気なおじさま、マチュピチュは2度目だそうです。
この列車でマチュピチュ村に着いて・・・
そこからまたシャトルバスに乗って・・・山あり谷あり。くねくねと。
マチュピチュ、想像以上に遠く険しい道のりです。

できないことはない!と思って、ツアーなどには全く入らず、個人でチケット、鉄道などを手配しましたが、南米はなかなか難しいです。思わぬところで手間がかかったり、ネットではクレジット決済ができなかったり。

帰国して調べてみたら、相当旅慣れている人でも、南米は苦戦すると書いてあり‥私が苦戦したのは当然でした‥
でもなんとか着きました(^^)わ~☆

遠かったけれど、来れてよかったです。ありがとうございます♪
ラピュタとか、ナウシカとかの物語の世界でした。
山を下りたらまたネコが☆こんにちわ~

ん?


よしよし。本当にネコが好き!


オリャンタイタンボ(長い)という駅で、やっとネコに出会いました。
すぐ逃げられちゃいましたけど。

舌がペロッ☆

すたこらさっさ。

かわいい!日本のネコと同じです(^^)逃げ足はやい。
行商の方多いです。
ここからペルーレイルという鉄道に乗って、マチュピチュ村へ。
この列車、指定席です。でもなんでこんなに並ぶかというと、時刻より早く出発したり、平気で遅れたり。列車、バス、飛行機。いつもヒヤヒヤでした。

2018年5月17日(木)13時から、14時から、各15分
佐賀市 猫カフェでハープ

猫とハープの音色とゆったりとしたひとときを・・・♪
通常の猫カフェの営業中に演奏いたします♪
ネコがコロンとなると、人間も思わずコロン・・・
猫カフェコロン
住所:佐賀市中央本町7-8豊博ビル2F
TEL:0952-37-8226
営業時間:12:00~20:00


もうすぐペルーのクスコという町に着きます。雲の間から、山が見えてる☆

街なところはわずかで、バスで走るとすぐにこういう風景になります。

ノラ犬というより、飼い犬か、地域犬なのかもしれなくて、みんなでかわいがっています。
幸せそうにしっぽ振って歩いています(^^)


鮮やかな葉っぱに心奪われました。

ブラジルのショッピングモールでは、ワンコが一緒にお買い物しています。
リボンつけてる♪

サービス中のでっかいワンコ。
「オレ女の子に優しいんだぜ、こう見えて。」

教会ではオルガニストの方が練習されていました。
夜にライブがあるみたい。

やっぱり、カラフルな国~☆おいしそうだけど・・・


海外にいるときは、自分が日本人であることを強く感じます。
日本人に合うと嬉しいし、日本に関係するものにはやっぱり興味が湧くし。
なんでも日本と比べてしまったり。
そんな中、SOU FUJIMOTOさんの建物に行きました。

みんな何をそんな熱心に見ているの?と思ったら(^^)

小さな人が~!ここにも。あそこにも。

おもしろいです。

日本製のものが販売してあったりします。

FUJIMOTOさんの作る世界。

こういう建築あったら、行ってみたいです。


素晴らしい空間に日本のこと、藤本さんの建築のことがたくさん紹介してあります。
『犬のための建築』(^^)いいなぁ☆


赤ちゃん?!の人形を?

本物の赤ちゃん(^^)大五郎~
海外って、想像を超えることばかり。

旅人がピアノを弾いていたり。

ここは東洋人街。移民の方の街です。

さっきまで晴れていても、毎日ザーッとスコールが降ります。

なのに、外に座っている人多いです。
カフェとかでも、外の席が人気だそうです。

街路樹にお花が咲いていることも多いです。黄色や紫、ピンク。

豆を煮たのと、細長いパラパラのごはんと、ヤシの茎の酢漬けと鶏肉。
ブラジルのお料理は何でもおいしかったです。
野菜もたっぷり。野菜がたくさんなのは移民の方が伝えた文化だそうです。

バイクも多いです。

ブラジルって、こんな国(^^)

in ベトナム。
車くらいのおおきな亀が住んでいる
といわれるホワンキエム湖にて。
きれいな夕日に出会いました。

ベトナムでは亀はとても神聖な生き物だそうです。

台湾の猫カフェ、「子猫花園」にて。
ここは猫カフェ発祥の地だそうです♪
https://co-trip.jp/article/29020/